top of page
  • 執筆者の写真澤﨑信孝

アール・デコの館 旧朝香宮邸。

更新日:1月28日

昨日、「ワークショップ たてもの編」で東京都庭園美術館に行ってきました。



ご参加された皆さんは、建築やアール・デコに興味のある方で

重要文化財でもある旧朝香宮邸の内観を撮影できる貴重な機会を

とても楽しみにされていたご様子。


私も昔は度々訪れていましたが、最近は遠ざかっていて、一昨年リニューアルされたことも知りませんでした。


中に入るのは久しぶりだったのでとても楽しみにしていました。




玄関で出迎えてくれるのは、ご存知ルネ・ラリックのレリーフ。いつ見てもお綺麗なこと。


学生時代、アール・ヌーボー/アール・デコに、はまっていて、えらく感動したのを覚えています。


他にも大客室と大食堂のシャンデリアもそうですね。艶消し加工されていて柔らかい光になるのがいいです!



照明も凝っていて、場所ごとに異なっているのも見所。









凝り凝りの取っ手まわり、可愛らしいラジエーターカバー、シルバーの絵具でハイライトがつけられた


アンリ・ラパンの壁画。すべて、モノ好きにはたまりません。







どこを撮っても絵になるんですよね〜!


皆さんも写欲がそそられるので、どんどん自由に撮られるのですが

講師として構図、露出など適時アドバイス(キラリ✨)!


ご一緒に堪能しつつ終えました。


ご満足いただけたようで、嬉しいで〜す!



内部の撮影ができるのは、年内12月25日までの平日のみです!








閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page